シトルリンの作用メカニズムとサプリの選び方

シトルリンのサプリを探していると、「シトルリンはペニスだけに作用するのか・・・」という疑問がわいてくるものがあります。

確かにシトルリンはペニス増大に有効です。結論、シトルリンはペニスだけに作用するものではありません。実際に、薬でも体の一部だけに作用するものはありません。ただ、ペニスは身体の一部です。だから、シトルリンはペニスにも効くので、効果に不安があるかたも安心してシトルリンを使っても大丈夫です。

シトルリンは体全体に効くので、いまでは頭皮の血行を良くする育毛剤や発毛剤にも取り入れられています。

ここまでシトルリンが注目されているのには理由があります。少量で効果がとても強いからです。シトルリンは血管を広げることによって、ペニスの血流を増やしてペニスを大きくします。実際に、このような効果のあるものは、ショウガ・イチョウ葉・ヒハツなどがありますが、シトルリンの効果の強さには劣ります。だからこそ、ペニス増大サプリにはこのようなものではなく、シトルリンが入っているのです。

ここで、シトルリンの効果についてもう少し詳しく説明していきます。シトルリンは血管の内側にある血管内皮細胞という細胞に働きかけることで、一酸化窒素と呼ばれる物質を増やします。この一酸化窒素というのは血管を広げる役目を持っています。血管を広げることで、ペニスに流れる血液が増えてペニスは大きくなるのです。

実際に、一酸化窒素は、運動・入浴などで汗をかいたりすると増えます。一酸化窒素が増えることで血流を良くしているのです。このような、運動や入浴による作用をシトルリンは飲むだけで可能にします。800mg以上のシトルリンをとると、体内の一酸化窒素の濃度は平常時の3倍となり、2倍程度の値が4時間以上も続くのです。

このように、大きな効果があるからペニス増大の分野でシトルリンは有名なのです。

■シトルリンが体内に入るとどのようになるのか?

それでは、このような体に大きな影響を与えるシトルリンは体内に入るとどのようになるのでしょうか?

先ほど述べたように、シトルリンは体内にある一酸化窒素という物質を増やすことで、ペニス増大効果を発揮します。勃起はペニスに多くの血液が流れることで起こります。一酸化窒素は血管を広げる役目があるので、この働きによって、ペニスに流れる血液が多くなり、ペニスは増大するのです。

ここで1つの疑問が起こります。実際にシトルリンはどのようにして一酸化窒素を増やしているのでしょうか。ペニスを大きくするためにも、身体のメカニズムを理解しておくことはとても大切です。

シトルリンは肝臓の尿素回路とよばれるところで分解されることによって、一酸化窒素が増えます。シトルリンは一酸化窒素の原料といえることができます。だから、シトルリンをたくさんとると、一酸化窒素が増えて、血管が広がり、ペニスの血流が増えてペニスが大きくなります。

また、シトルリンと同様に、アルギニンというアミノ酸もペニス増大界では有名です。肝臓の尿素回路でシトルリンが分解されてアルギニンに分解されて、分解されたアルギニンがまた細かく分解されてシトルリンに戻るという一定のサイクルがあるのです。この分解される過程で、一酸化窒素が作られます。

そのため、アルギニンもこの尿素回路の働きを活発にすることでペニス増大に貢献します。だから、アルギニンもシトルリンと同様にペニス増大界では有名なのです。

ただ、アルギニンは体内にたくさんあるため、やはりシトルリンをとったほうがペニス増大効果は高いです。そのため、私はペニスを大きくしたいならシトルリンがたくさん入ったサプリをおすすめします。

■シトルリンサプリの選び方は?

それでは、シトルリンのサプリを選ぶときにどのように選べばよいのでしょうか?それを知るにはまず、シトルリンがどのように作られるかを知ることが大切です。

実際に、シトルリンは色々な物質から合成して作られる方法と、微生物をつかって発酵して作られる方法の2種類に分けられます。

この合成法は「グルコース」と呼ばれる糖分を主に、たくさんの成分を加えて、化学反応を起こさせて、シトルリンを作っていきます。この合成法は、1000年以上前からも使用されています。日本国内ではいまはこの方法で作っている会社は少ないですが、中国製のものは合成法で作られているものが多いです。そして、日本で売られているものの中でも中国から輸入されているものも多いです。

次に発酵法ですが、これはよくテレビCMや新聞の宣伝にも大きくでている「協和発酵バイオ」さんを筆頭に、国内では10社しか、シトルリンを作っているメーカーさんは確認できませんでした。この発酵法は、シトルリンを作る微生物をある物質に入れることで、微生物がシトルリンを作ってくれるというとても効率が良く、画期的な方法です。

しかも、このある物質とはなんと「グルコース」なんです。合成法でも使われるグルコースはなんと、発酵法でも使われているのです。グルコースは糖分で、人のからだのエネルギー源にもなるし、ペニス増大効果を発揮するし、まさにスーパーな成分なのです。

実際に、シトルリンはスイカ・メロン・きゅうりなどの皮の部分からわずかしかとれない、貴重なものです。これを合成法よりもはるかに安く、大量に作る技術をつくった協和発酵さんは本当にすごい会社です。

しかも、この微生物を利用した、発酵法で作られるシトルリンは安くて大量に作られるわけではありません。なんと、純度が高いのです。つまり、品質まで良いのです。つまり、発酵法で作られるシトルリンは一石二鳥ではなく、一石三鳥なのです。

しかも今は、協和発酵さんだけではなく、10社以上もシトルリンを発酵法で作っています。競合が激しく、より良い製品開発が行われています。

このように、シトルリンは合成法と発酵法の2つで作られています。合成法は中国製造のものが主で、発酵法は国内生産が主です。国内で微生物による発酵によって作られるシトルリンの方が品質が高いという特徴があります。

だから、ペニスを本気で増大したいという人は、少し値段がはっても、国内の工場で作られるシトルリンが入っているサプリを使うことをおすすめします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です