アルコールの影響とシトルリンの本当の姿


ペニスサイズが小さいと悩んでいる人の中で、シトルリンを飲んで、ペニスを大きくしようと考えている人はたくさんいると思います。

そのような人の中で、お酒が大好きという人も必ずいます。そういう人はお酒を飲んだら、
シトルリンの効果が消えて、ペニスが大きくならなくなってしまうのか・・・と考えてしまうのではないでしょうか。

結論、飲みすぎなければ大丈夫です!人によってお酒の強さはまちまちなので、「ほろ酔い」程度に毎回おさえておけば、シトルリンのペニス増大効果は消えないと言えます。

また、「ペニス増大のためにシトルリンサプリを試したい」と本気で考えている人は、シトルリンはどこからきて、どのように作られるというかも理解しておきましょう。

「シトルリンの起源・本当の姿」を知ることでペニス増大のモチベーションが上がるからです。

ここのページでは、シトルリンと「お酒(アルコール)の関係」「シトルリンの正体」について述べていきます。

■シトルリンとアルコールの関係

シトルリンは、血行を良くすることでペニスの血流を増やしてペニスを大きくします。アルコールもこのように、血行を良くするという意味ではシトルリンと同じペニス増大効果があると言えます。

だから、先にも述べたようにホロ良い程度のアルコール、つまりよく言われている適量のアルコールであれば、逆にペニスが大きくなる効果があると言えます。

しかし、飲みすぎてしまうと良くありません。アルコールを体に入れすぎるとまず、血圧が一気に下がってしまいます。血管が開きすぎるからです。ホースを細くするほど、勢いよく水がとびでてきますよね?逆に、ホースをゆるめて、管の大きさを大きくすると流れにくくなります。

だから、飲みすぎると脳に血液が回らなくなり、頭が痛い、歩けなくなる、記憶できなくなるなど、体にたくさんの不調がでてくるのです。

勃起はペニスの血流が増えることで起こります。そのため、血圧が下がるとペニスに血液が流れにくくなり、ペニスが小さくなってしまいます。

また、飲みすぎると血圧が下がるだけではありません。肝臓に負担がかかりすぎるというのもペニス増大には良くありません。お酒の中に入っているアルコールは人体に有害であるため、肝臓で分解されます。お酒をたくさん飲むとアルコールの分解で、肝臓が他の仕事ができなくなるのです。シトルリンは肝臓で他の物質に変えられる過程で一酸化窒素という物質が作られます。

この一酸化窒素が血管の内側にある細胞に作用して、血管が広がることでペニスに血液が流れやすくなるのです。だから、飲みすぎて肝臓に負担をかけるとシトルリンを分解できなくなり、シトルリンをとってもペニス増大効果が減ってしまうのです。

以上がお酒とシトルリンの関係です。シトルリンのペニス増大効果を減らさないようにするには、飲みすぎないことです。飲みすぎると血圧が下がったり、肝臓に負担をかけすぎてシトルリンのペニス増大効果が減ったりしてしまうからです。

お酒は適量だけ飲むようにしましょう。

ここまでは、お酒のシトルリンサプリに対する影響を説明してきました。次に、「シトルリンの起源・本当の姿」について迫ります。

■シトルリンの本当の姿

実はシトルリンは日本の学者さんが、戦前にみつけたのです!実はまだ見つかって100年もたっていない、歴史の浅いものなんです。

この、天然のバイアグラ的存在のシトルリンはこの日本の学者さんは、スイカから発見しました。シトルリンの学名もスイカの学名である「Citrullus vulgaris」から命名されました。

シトルリンはスイカだけに入っているわけではありません。他にもメロンやキュウリなどのウリ科の植物全般に入っています。しかし、スイカが圧倒的な含有量を誇っています。

例えばきゅうりには100gあたり10mg。メロンは100gあたり50mg。そしてスイカにはなんと100gあたり180mgも含まれます。

一般的にシトルリンがペニス増大効果を発揮するのは一日あたりの摂取量が800mg以上と言われています。実際に私も1000mg以上とるようになってからペニス増大効果を感じることができました。

そのため、ウリ科の植物からシトルリンをとろうとすると、キュウリであれば一日に10kg、メロンであれば2kg、スイカであれば600g以上とらなければいけません。とても無理な量であり、お金もとてもかかります。

そのため、ペニスを大きくするためにシトルリンをとるならば、シトルリンサプリを飲むことをおすすめします。シトルリンサプリであれば、このようにウリ科の植物をたくさんとることなく、カプセルを一日にとるだけで大丈夫ですからね!

しかし、天然食品からとったほうが良いのでは?シトルリンの質が高いのでは?と思う人もいると思います。

それは間違いです。シトルリンは、色々な化学物質を合成して作る合成法と、微生物を利用して作る発酵法があります。中国製のものは合成のものがほとんどです。
ただ、国内のものは発酵法で作られているものがほとんどです。発酵法で作られるシトルリンは純度が高く、質が良いものばかりです。

協和発酵の研究によると、食べ物からとるシトルリンよりも発酵法で作られたシトルリンの方が血管拡張作用が強いとのことです。つまり、天然のシトルリンよりも発酵して作ったシトルリンのほうがペニス増大効果が高いということなのです!

このように、もともとはスイカ・きゅうり・メロンなどウリ科の植物からシトルリンは発見されました。ただ、このような天然食品からペニスを大きくする効果を発揮できるほどのシトルリンをとるとなると、ものすごい量を食べなくてはいけません。だから、シトルリンはサプリでとるようにしましょう。

また、天然のシトルリンだから質が高いわけでもありません。国内で製造される発酵法で作られるシトルリンは天然のものよりも質も効果も高いことが分かっています!国内で発酵法によって作られるシトルリンサプリをとるようにして、ペニスを大きくしていきましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です