シトルリンについてもっと詳しく

ペニス増大サプリとしてシトルリンがたくさん入ったサプリがとても有効です。ペニスを大きくするためには!

私はこのサイトではシトルリンXLを勧めていますが、正直個人差があるため、いろいろなものを試してみて実際にペニスが増大するか試すことがペニスを増大させるための近道なのではないでしょうか?

いろいろなものを試せる勇気がペニス増大に成功するか失敗するかの分岐点なのかもしれません。

まあ、色々なサプリを使うのが一番の近道というのは言われても、それをつかう投資に見合う根拠が欲しいところです。他のページでも話をしているところもありますが、改めてシトルリンのペニス増大効果をおさらいしていきたいと思います。

■L-シトルリンの意味と歴史について

シトルリンにLというついているのを見たことがある人がいると思います。増大サプリの原材料には必Lがついているといっても過言ではありまえん。また、シトルリン以外にもペニス増大に効果的な物質であるトリプトファンやアルギニンにもついています。

これらの物質は大きい枠でとらえるとアミノ酸であり、アミノ酸には形があります。

それがDとLという二つの家たちに分類されているのです。まあ、シトルリンにはLの形しかないので、パッケージをみてLがついていてもいなくても気にする必要はないといえます。

ちなみにシトルリンは日本で発見されたアミノ酸です。しかもスイカからです。スイカの学名はシトラスブルガリスと呼ばれるからこそシトルリンと呼ばれているのです。

あのような有名な果物からペニス増大物質が入っているなんて感慨深いものがありますよね・・・しかも最初は国から指定医薬品として薬として使われていました。ペニスを大きくする作用があるくらいですからね・・・

そして2000年後半に医薬品から食品に解除されて、ペニス増大サプリがこのころから製造・販売されるようになったのです。

■シトルリンがペニス増大に貢献するメカニズム

それではシトルリンはどのようにして、ペニスを大きくするのでしょうか?他のページでは、シトルリンがNO(一酸化窒素)を作ることによってペニスが増大すると簡単な説明しか書いていなかったですが、ここのページではもう少し詳しく説明していきましょう。

シトルリンを体の中にいれるとまず肝臓に運ばれます。肝臓はお酒のアルコールを分解するなどいろいろな機能がありますが、その肝臓の1つの機能する場所としてオルニチン回路という場所があります。

ここでシトルリンを原料にして海綿体を広げてペニスを大きくするNO(一酸化窒素)が作られるのです。

この回路のなかでシトルリンはアルギニン、アルギニンがオルニチン、そしてオルニチンが再びシトルリンに変わるまさに回路です。この流れの中でペニス増大に貢献するNO(一酸化窒素)が作られるのです。

この一酸化窒素は、血管を広げて、血流をとても多くする働きがあるのです。海綿体は毛細血管の集まりなので、一酸化窒素がとても有効に働くのです。

ちなみに、NO(一酸化窒素)の働きを医学に応用して心臓病や脳血管障害の治療法を発明したルイス博士という人は1990年代後半にノーベル賞を受賞しています。

ちなみにペニスも身体のなかの一つの場所です。NO(一酸化窒素)はペニスを大きくするだけでなく体全部の血行を良くするため、冷え・心臓疾患・むくみなどたくさんのものを治療する効果がNO(一酸化窒素)にはあると言えます。

ペニス増大を目指してシトルリンをとることは体全体の健康を良くすることにもつながるのですね。

そして、シトルリンサプリを飲み込む時に大事なことはペニス増大トレーニングも行うことです。いわゆるチントレですね。

シトルリンサプリによって海綿体に血液が流れこみやすくなっているところにチントレによってペニスに圧力をかけて、血液を強制的に流すことによってよりペニスに血液を流しやすくします。こうすることでよりペニスが大きくなりやすくなりますね。

■一日どのくらいのシトルリンをとればペニスは増大するのか??

このように説明してきたように、シトルリンサプリはペニス増大にとってとても有効なものです。

そこでシトルリンは一日にどのくらいとればいいのかということが気になってくる人もいると思います。いろいろな健康食品サイトや他のペニス増大サイトも見てみると、800~1000mgとれば良いというサイトがほとんどです。

しかし、わかさ生活さんや世田谷自然食品さんなど、有名で歴史のある健康食品会社さんでは800mgとれば有効であるというデータを載せています。

人はペニスの大きさもそれぞれですし、血管などへの影響も個人差が大きいので、800mg前後のむことを続けていってペニスにどのくらいの影響があるかを体感していくのが一番のペニス増大への近道なのではと思います。

ちなみに、シトルリンを食事でとるとなるととても大変です。だから私はペニス増大サプリとしてシトルリンサプリをすすめているというのもあります。食べ物からとることはほぼ不可能と言えるでしょう。

800~1000mgのシトルリンをとるためにはスイカは半球、ニンニクであれば300個も食べないといけない計算になります。これを毎日とるのは完全に不可能と言えますよね。

■最後

にいかがであったでしょうか、一応、シトルリンの全体像を他のページでも書いてありますが、より突き詰めてこのページでは話をしていきました。おさらいしていきます。

まず、シトルリンをとることでまずシトルリンは胃から肝臓にうつります。そして肝臓のオルニチン回路というところでシトルリンから、アルギニン、アルギニンからオルニチン、オルニチンからシトルリンと回路をなす過程でNO(一酸化窒素)が生み出されます。

このNO(一酸化窒素)が血管を広げることでペニスに血液がたくさん流れ込んでペニスは増大します。ペニスのなかは海綿体と呼ばれる血管のかたまりだからです。

そしてシトルリンはもともと国の法律によって医薬品に分類されていたほど効果の強い物だったのです。そしてこれは食べ物からとるとスイカだったら半球、ニンニクだったら300個、キュウリだったら60本もとらなくてはいけないため、サプリを推奨しているのです。

このようにシトルリンはサプリ以外の食べ物からとるなど不可能なことです。

そしてサプリをとったあとは必ずチントレで、ペニスに血液を流しましょう。海綿体がより大きくなりやすくなり、ペニス増大に成功しやすくなりますよ!

シトルリンXLの体験談

私はペニス増大のためにシトルリンXLという増大サプリを飲むことをすすめています。なんていっても何年も短小チンポで悩んでいたにもかかわらず、シトルリンXLを飲むことで大幅にペニスが大きくなったからです。

実際に飲んで体験して結果があり、他のページでも紹介したとおり化学的な根拠もあります。

シトルリンXLでペニスが大きくなる仕組みというのは、ペニスの海綿体を大きくして血流が多く増えることで海綿体が膨らんで巨大化します。

これを何回何回も行うことでペニスの細胞が増えていって、細胞分裂が繰りかえされることでペニスが大きくなっていくというメカニズムなんですよ。

シトルリンXLを私も飲むうちに、どんどんとペニスが大きくなっていました。ペニスが内からどんどん膨張していく感覚はたまらないですよ!

そして、どんどん大きくなっていくうちにソープランドにいって、いざ正常位で腰をふっているとなんとペニスに痛みを感じるのです。なんなんだ?とものすごい不安がおそってきました。

私だけでなくソープ嬢も痛いのかとおもい聞いてみると、「気持ちいいよ!大きくて気持ちい!」とよがりまくるのです。痛いのはわたしだけという・・・しかしお金がもったいないので、射精するまでなんとかその痛みを我慢してなんとか射精までこぎつけました。

結論シトルリンXLによるペニスの成長痛だということが判明しました!それくらいシトルリンXLはペニス増大効果があるのです。シトルリンXLはどんどんペニスの海綿体を広げます。その内側からどんどんふくらんでいく速さに。

ペニスの外の皮がその成長スピードについていけなかったのです。これは成長痛といってハーバード大学医学のキャサリン・ボブフォース泌尿器科教授も論文として発表しています。

ペニス増大にはこのような超絶名門大学の教授もしっかりとした研究論文を出しているのです。

しかし、その成長痛は一ヶ月くらい続いて終わりました。いまではスーパービッグマグナムにシトルリンXLのおかげでなれたことにとても感謝しています。

ペニス増大は簡単にはできないということですね。何事も痛みの先に成功が待ち受けているのではと思います。

だから、痛みにおじけづくことなく、一日4から5粒の容量を守ってシトルリンXLをのむようにしましょう。しかし、あまりに痛みがある人は、少し容量を減らすのが良いのかもしれません。痛みに耐えられず飲むことをやめたらそれこそ本末転倒ですよね(笑)

ここで私が痛みのでたあとがどうなったかをお伝えします。先ほど、「成長痛」「一ヶ月で痛みはひいた」と一言で終わらせてしまったのでもう少し詳しく解説していきます。そのほうが、ペニスサイズに悩んで私のサイトを見てくれているユーザーさんにとって良いことだと判断したからです。

実際に余裕ぶって、成功には痛みがつきものだとかっこつけていたわたしでしたが、ペニスに痛みが走ったときは本当に驚きました。

痛みがでたあとは、シトルリンXLを飲むことを一時的にストップしてしまったほどです。セックスもオナニーも中止させて、勃起をするのをおさえて傷の完治を最優先させました。

そして成長痛が完全におさまってから、再び飲むようにしました、そして痛みがでてはやめるの繰り返しを行いスーパービッグペニスを手に入れることに成功しました。

そして、そのビッグペニスを完全に手に入れてからシトルリンXLを飲むことは完全にやめました。しかし、完全にやめたあとでも、シトルリンXLの影響は強く、成長は止まっていない感覚があります。そして、シトルリンXLを飲んでいるときもですが、飲むのをやめたあとでもチントレは増大トレーニングは続けているのが正直なところです。

しかし、シトルリンXLの服用をやめたあとで少しデメリットがありました。やはり、飲んでいた時の方が勃起が強い、つまり、ペニスに流れ込む血液がとても多く、ペニスがパンパンに膨張していたことは事実です。

だから、オナニーやセックスのときはシトルリンXLを飲んでいた時の方が断然に快感は上でした。しかし、また飲んだから成長しすぎてペニスに激痛が走りそうで怖いです・・・

そして、先ほどにも述べましたがトレーニングやチントレはシトルリンXLをやめたあとでも続けるべきです。ペニス増大にも勃起にもとても良い影響がありますからね。

最後に一つだけ言わせてください。ここまでシトルリンXLをすすめておいて悪いですが、ペニス増大サプリは個人差があります。だからこそたくさんの種類があるわけです。

シトルリンXL以外にも、ゼファルリン、馬太郎、バリテイン、ギムリス、ヴィトックスα、ペニトリンMAXなど多くのペニス増大サプリがあります。

とくに、有名なゼファルリンは多くの人が効果を感じているうたっているし、口コミがとても多いにもかかわらず私はまったく効果がありませんでした。しかし、私はシトルリンXLの効果は半端なかったです。

シトルリンXLはゼファルリンやヴィトックスαほどの口コミほどの評価はありませんでした。

だから、多くのペニス増大サプリを試してみるというのも大事な考えなのではないでしょうか。

シトルリンXLの飲み方

シトルリンサプリを飲むことでペニスを大きくすることができるのはまぎれもない事実です。シトルリンはNO(一酸化窒素)をたくさん作ることによってペニスの海綿体がゆるみ、膨張するからです。

そこで、数多くあるシトルリンサプリの中で私は、「シトルリンXL」というサプリをすすめています。

シトルリンXLというサプリはペニス増大に超絶大事なシトルリンが大量に濃縮されているのはもちろん、そのほかにも朝鮮ニンジン、クコ植物、マカ、クラチャイダムなどペニス増大にきく成分が大量に濃縮されています。

シトルリンXLは口コミサイトでも多くの成功体験をユーザーが証明しています。実際に私も飲んでみて確かな効果を実感しています。

そこで、1つ疑問に思うことも出てきますよね。「シトルリンXL」はどのようにして飲めばいいのかということです。

シトルリンXLのパッケージには「1日に4~5錠をの目安に飲んでください」としか書いてありません。

さすがに情報が少なすぎます。何で?いつ?どのようにして?飲めばいいのかまったく書いていないのです。

ここのページではシトルリンXLの飲み方について詳しく解説していきたいと思います。

■何でシトルリンXLを飲むか?

まずは、何でシトルリンXLを飲むかについてです。シトルリンXLは特に大きさが大きすぎて飲みにくいサプリメントではりません。飲みにくさはありませんよね。それでは何で飲むかについてです。

ずばり、水かお湯で飲むようにしてください。そしてたっぷりと飲むようにしてください。いくら大きさがそんなにないからといって飲んでいる途中でひっかかりでもしたら大変ですからね。そして水やお湯以外で飲むことはやめてくださいね。

お茶も厳禁です。ジュースなどもお話になりません。せっかくのシトルリンXLの成分が変化してしまってペニス増大効果が薄れてしまう効果があります。

■食後に飲むシトルリンXL

シトルリンXLは食後に飲むようにしましょう。ペニスを大きくするというなかなか刺激が強い成分が入っているので胃が荒れてしまいます。

そして、食事と一緒にとることで胃腸が活発に動いているときに飲むことによって、シトルリンXLの成分が存分に吸収されやすくなるからです。シトルリンXLは食事のあとにのむようにしましょうね。

■かならず毎日飲む

ダイエットや筋トレもそうですが、身体をかえるということはとても時間がかかります。努力も必要です。ペニス増大も同じだと言えます。

シトルリンXLは確かに強力な効果のあるペニス増大サプリですが、一朝一夕ではペニスも大きく成りません。継続することに意義があります。

ペニス増大サプリであるシトルリンXLにはすぐにペニスは大きくならないので、ご注意を。言わせてもらうと、どんなに効果の強いペニス増大サプリでも一回飲んだだけで大きくなるペニス増大サプリなど存在しません。必ず三ヶ月から半年は飲むようにしましょう。

■摂取量は一日同じにする

かならず、パッケージに書いてある一日4~5錠を守るようにしましょう。毎日これより多い量を飲んだからといって、ペニスがはやく大きくなることはありえません。

ペニスの細胞が分裂するには長い時間かかるからです。シトルリンXLの成分は効果が強いため、かえって一度に多くの量を飲んでしまっては胃腸が荒れるなど体調を崩してしまう可能性も否めません。

■運動やエクササイズを行う


確かにペニス増大効果のあるシトルリンXLですが、より効果を高めるためには胃腸の吸収効率を上げることが大切になってきます。胃腸の状態を上げて、シトルリンXLのペニス増大効果を高めるためにはまずは、身体に負担のかかりすぎない運動をすることで胃腸の働きを良くしましょう。

まず、適度な運動とはジムにいって重いバーベルなどを持ったりすることではありません。ウォーキングなど軽めの負荷、少し呼吸が粗くなるくらいの運動のことです。

決して北斗の拳のケンシロウみたいなマッチョになることではないのです。

■私のおすすめの飲み方

数多くの努力をして、その努力の質を高めて、たくさんの辛いこともあったけどトレーニングを続けてスーパービッグマグナムペニスを手に入れた私のシトルリンXLの飲み方を教えます。

まずは、シトルリンXLサプリを飲むことを必ず習慣にすることです。そのためには、スケジューリングアプリがおすすめです。気になる人は適当なアプリをダウンロードしてみてください。毎日決まった時間にアラームが教えてくれることで飲み忘れを防止してくれます。

そして、朝と夜飲むようにしましょう。言ってみたら朝ごはんのあとと夕ご飯のあとですね。特に夜の飲み忘れには気を付けてください。シトルリンXLの効果は眠っているときにこそ発揮されます。朝飲み忘れてもまだ救いようはありますが、夜飲み忘れたら救いようがありません。

どうでしたでしょうか?ただサプリを飲むと言ってもたくさんのコツと守ることがたくさんあります。ペニスを大きくすることはそんなに簡単なことではりませんね、ペニス増大サプリを飲むと一言でいっても・・・

シトルリンXLの成分

私のサイトではチンコを大きくするためにシトルリンが入っているサプリをすすめています。シトルリンはNO(一酸化窒素)という物質を作り、海綿体をゆるめて、ペニスの血流を増やしてチンコを大きくするからです。

そこで気になるのは、「シトルリンサプリといってもいろいろな種類のサプリがある。どれがおすすめなのか??」と数多くあるシトルリンサプリのどれを選べばよいかということです。

ずばり、結果を言うとシトルリンがたくさん入っていれば問題ありません。しかし、より効果を高めるためにはいろいろな物質がたくさんはいっていてほしいということも正直なところです。

そのようなたくさんの成分が入っているサプリは成分同士がその効果をより高めていき、相乗効果でよりペニス増大効果が高まるからです。

そこで私は「シトルリンXL」というシトルリンがたくさん入っている上に、成分もたくさん入っているペニス増大サプリをおススメします。

シトルリンXLについては語るべきことがたくさんありますが、まずはシトルリンXLに入っている有効なペニス増大成分を紹介していきます。

■L-シトルリン

シトルリンXLの中にはなんと1回の服用でシトルリンが900mgもとれてしまいます。シトルリンはもともとスイカなどウリ科の植物に入っているもので1900年代後半に日本で発見されたものです。その発見者はかなりペニスビンビンになって、ペニスも大きく成ったんでしょうね・・・うらやましい。シトルリンは先述したとおり、ペニスの海綿体をゆるめて血行を多くすることでペニスを大きくします。

■クコシ末


クコシ末は漢方薬にも応用されていて、多くの漢方薬に入っているものです。クコという植物の実を乾燥させて分子状にまでして、小さくして吸収力も高まっています。クコの実はビタミンが豊富で、ベタイン・ルチンと呼ばれる血管をさらさらにする物質がたくさん含まれています。

■朝鮮ニンジン

朝鮮ニンジンは聞いたこともある人もたくさんいると思います。朝鮮ニンジンは、中国大陸や朝鮮半島で古代から現代にいたるいまでも精力剤として愛されています。そして、とても貴重で効果なものです。朝鮮ニンジンはウコギ科の植物で、ポリフェノールの一種であるサポニンやフラボノイドを大量に含んで、血管や血液を攻撃して血液を流れにくくする物質を分解して減少します。また、クコシと同様に大量のビタミンも含んでおります。

■クラチャイダム

シトルリンXLと同様に、ペニス増大サプリや精力剤として有名なクラチャイダムゴールドと呼ばれる商品があります。これの商品名にもなっているほどペニスに良い物質なのですよ、クラチャイダムは。クラチャイダムはもともとブラックジンジャーです。黒い色をしたショウガなのです。タイでしか育たない貴重なショウガで、アルギニンの量がマカの3倍以上で、ビタミン・ミネラルも豊富な他、アミノ酸も大量に含まれているのが特徴です。

■エゾウコギ

エゾウコギは朝鮮ニンジンと同じ種類の植物です。クロロゲン酸といったアミノ酸や、イソフラキシジンなど海綿体量を増やす効果のある物質がたくさん含まれています。

■マカ

言わずもがな、とても有名ですよね!マカはどんな精力剤やペニス増大サプリにも入っている物質です。別名、「ペニスの万能薬」とも呼ばれています。このマカはアブラナ科の植物で南米アンデス原産の植物です。豊富でバランスの良いアミノ酸・ポリフェノールがペニスを大きくします。

■αGPC

αGPCは成長ホルモンや男性ホルモンを増やす効果のあるアミノ酸です。また、脳の働きを活性化して、より神経を活発にしてチンコに送られる血液量を増やします。

■亜鉛

亜鉛は体内で生じる化学反応すべてにかかわっている超絶大事なミネラルの一種です。亜鉛なしでは絶対にペニスは増大しないとっても過言ではないです。亜鉛は別名セックスミネラルとも呼ばれていいて、ペニスの勃起にもとても大きな関係があります。シトルリンXLには亜鉛がものすごく濃縮されて入っていて、ペニスがビンビンにペニスも大きくなる働きがあります。亜鉛はペニスだけでなく、精子や精液の量も増やします。

■ポリアミン

アミノ基とよばれるアミノ酸の元になる化学物質が三つもついているアミノ酸の一種がポリアミンです。細胞が増えるときやたんぱく質が作られるときに必要な物質です。特に精子や精液が作られるときにものすごく活躍する物質です。金玉が元気になれば、ペニスも大きく成りやすくなるのは言わずもがな・・・

■還元麦芽糖(別名:マルチトール)

還元麦芽糖(別名:マルチトール)とは糖分の一種で、ビールのなかにはいっている麦芽糖にカルボニル基という物質がくっついたものです。今まで紹介してきたシトルリンやペニス増大に有効な成分に影響をあたえずに、カプセル状にまとめます。

どうでしょうか??このように、シトルリンXLのなかにはペニスを元気に成長さえる物質がたくさん含まれています。このようないろいろな成分と、シトルリンXLに大量に含まれるシトルリンとの相乗効果でペニスはどんどん大きくなっていきます。

もし、シトルリンサプリを飲んでペニスを増大させようと考えている人でどのサプリにしようか迷っている人がいたら、シトルリンXLを試してみましょう。

シトルリンと他の栄養素との関係

ペニスを大きくしたいと願っている男性はとても多いです。そのなかでも悩みが深い人はいろいろなサプリメントを使ってみようと考えている人もいると思います。その中ではシトルリンサプリがダントツでおすすめです。少しずつですが、ペニスを大きくしていくからです。

しかし、ペニス増大のために何かを飲もうと思っている人は「アルギニン」「オルニチン」「亜鉛」というものが入っているサプリも気になっている人もいると思います。

ペニス増大をテーマにしたサイトはたくさんあります。多くのサイトではこのような「アルギニン」「オルニチン」「亜鉛」もペニス増大に有効だということが書いてあります。そこで、ペニスの大きさに悩む短小男子は「どのサプリを使えばいいんだ・・・」と迷ってしまうのです。

結論、アルギニン・オルニチン・亜鉛はシトルリンと似てますが、シトルリン入りのサプリを使えばペニスは増大します。でも、アルギニン・オルニチン・亜鉛を摂れば、よりペニスは増大しやすいと言えます。

ここのページではシトルリン・アルギニン・オルニチン・亜鉛の違いについて話をしていきたいと思います。

シトルリンとアルギニン・オルニチンとの関係

まず、これらは同じ「アミノ酸」と呼ばれる仲間たちです。アミノ酸はもともとたんぱく質の原料であり、色々な種類があります。これらが何個も重なりあってたんぱく質になっているのです。

そして、アルギニンやオルニチンは肝臓でペニス増大に役に立つ物質に変えられます。

シトルリンは一酸化窒素と呼ばれる物質を作ることで血管を広げてペニスの血流を増やします。つまり、一酸化窒素の原料となることでペニス増大に貢献するのです。

逆にアルギニン・オルニチンはアミノ酸のなかでも必須アミノ酸と呼ばれるものです。シトルリンは必須アミノ酸ではりません。

必須アミノ酸は、たんぱく質を直接的に構成するアミノ酸です。つまり、人体の源となるものなのです。体のほとんどはたんぱく質でできています。ペニスもペニスに流れる血液もたんぱく質でできているのです。

そのなかで、男性ホルモンや成長ホルモンと呼ばれる物質があります。シトルリンはペニス血流を良くすることでペニスを大きくするものですが、これらのホルモンは直接ペニスに働きかけることでペニスを大きくする物質なのです。このホルモンもたんぱく質でできています。つまり、アルギニン・オルニチンがこのホルモンたちの元になることで、これらのホルモンを増やしてペニスを増大させやすくするのです。

このように、シトルリンとアルギニン・オルニチンは同じアミノ酸でもまったく性質が異なるものです。シトルリンは血管を広げることでペニスを増大して、アルギニン・オルニチンはホルモンを増やすことでペニス増大に貢献します。

これまでは、アルギニンとオルチニンを中心に話を進めてきました。

次は、シトルリンと亜鉛の違い関係について説明していきます。

シトルリンと亜鉛の関係性と違い

シトルリンは有名です。しかし、シトルリンの他にも先ほど説明してきたペニス増大にはアルギニンやオルニチンが効くと検索してるとでてきます。

しかし、それよりももっとヒットしてくるものがあります。それは「亜鉛」です。「亜鉛を飲んだらペニスが大きくなった」「亜鉛を飲んだら精子がドバドバだ」「亜鉛を飲んだら勃起が強くなった」など、ネット上では亜鉛の効果についてたくさんの口コミがされています。

しかし、ずばり結論を言うと亜鉛のサプリを飲んでもペニスは大きくなりにくいと言えるでしょう。

先ほど説明してきたアルギニンとオルニチンはペニス増大のは有効ですが・・・

まず、シトルリンはどのようにしてペニスを大きくするのでしょうか?これから考えていきましょう。シトルリンは肝臓で分解される過程で一酸化窒素と呼ばれる物質を排出します。この一酸化窒素がペニス増大のキーとなります。一酸化窒素はペニスの血管の内側に働きかけてペニスの血管を押し広げます。これにより、大量の血液が流れ込むようになりペニスは増大します。

それと比較して亜鉛はどうでしょうか?亜鉛は確かにペニス増大にとても大切な栄養分です。亜鉛は酵素という物質を作ります。この酵素のおかげて人間は行動出来ます。唾液がでるのも足を動かせたりするのも、しゃべったりするのも全て酵素のおかげなのです。勃起ももちろんそうです。

亜鉛はこの酵素を作る化学反応をスムーズに起こす物質です。体の動きすべてのです。つまり、血管が広がるのも、男性ホルモンなどのホルモンが作られるのも亜鉛なしでは成立しないのです。

このように亜鉛はペニス増大にとても大事です。それではなぜ、冒頭で私は「亜鉛のサプリを飲んでもペニスは大きくなりにくい」と述べたのでしょうか。それは、「日本人で亜鉛不足になっている人はまずいない」からです。

亜鉛は多くの食べ物に含まれているので、生活習慣が乱れている人でも亜鉛不足には陥っていないのです。さすがにカップラーメンばかり食べているだとか、水しか飲んでいないなどの拒食症の人だと問題ですが。

だから、ペニスを大きくするには亜鉛のサプリはいりません。シトルリンのサプリだけで充分です。シトルリンのサプリをしっかりと毎日とることでペニスを大きくしていくことが大事なのです。

これまでのことをまとめると、シトルリンのサプリをとって、経済的に余裕のある人は効果をより高めるためにアルギニンやオルニチンをとりましょう。亜鉛のサプリはとる必要はありません!

 

ED治療薬との違いと飲むタイミング

男性ペニスの血流を多くして、ペニスを大きくするというアプローチは基本のキですね。それにはシトルリンというアミノ酸が入ったサプリがとても効果的です。

シトルリンサプリは一酸化窒素と呼ばれる血管を広げる物質をつくることでペニスの血流を多くしてペニス増大を実現させます。

しかし、同じようにペニスの血流を増やして勃起させるED治療薬とは何が違うのでしょうか。

ずばり、ED治療薬とシトルリンサプリとの違いは、ペニスを一時的に勃起させるか、ペニスを成長させるかの違いなんです実は!

そして、そのシトルリンサプリはいつどのようにして飲めば効果的なのでしょうか??

ここのページでは「シトルリンサプリとED治療薬との違い」と「サプリの飲み方」について述べていきます。

シトルリンサプリとED治療薬との違い

先ほど述べたようにシトルリンサプリは一酸化窒素の原料となることで、血管を広げてペニスを広げます。それによってペニスの血流が良くなって、酸素や栄養などがペニスの細胞により多く回ることによってペニスは少しずつ大きくなっていきます。

シトルリンを体内に800mg取り入れると、約4、5時間血管が広がり、ペニスの血流が増えます。それによってペニスが少しずつ少しずつ大きくなっていくんですね。

シトルリンサプリはこのように、コツコツとですが確かにペニスを大きくしてくれるサプリメントなんです。

対してED治療薬!バイアグラ・シアリス・レビトラとかですね。聞いたことがある人も多いと思います。結論から言いますと、これは勃起を一時的に強くはしますが、ペニスを大きくするわけではありません。

シトルリンは血管を拡張させますが、ED治療薬は一時的に勃起をさせるだけなのです。勃起を邪魔する PDE-5と呼ばれる5型ホスホジエステラーゼと呼ばれる物質があります。これをバイアグラなどの治療薬はこれの働きを抑えるのです。

つまり、一時的に勃起させるだけなのです。また、勃起に血液が使われてしまって、ペニスの各細胞に栄養や酸素を長い間供給できるわけではありません。これではペニスは大きくなりません。

また、シトルリンはペニスだけの血流を良くするわけではありません。体全体にも作用します。つまり、男性ホルモンや成長ホルモンなども増やすのです。これらのホルモンはペニスに直接働きかけてペニスを大きくします。

これらのホルモンを作るのは脳や精巣です。これらの血行が良くなれば働きも強くなるためホルモンも自ずと増えます。シトルリンはペニスにアプローチするだけでなく、体全体に働きかけることでもペニスを大きくするのです。

このように、勃起不全にはED治療薬などのバイアグラを使用して、ペニスを増大させたいと願う人は、シトルリンサプリを使うことが重要になってきます。

つまり、“使い分けが大事”ってことですね!ペニス増大のためにはシトルリンが入っているサプリをつかっていきましょう!

次に、このようなペニス増大に効果的なシトルリンサプリをいつどのようにして飲めば効果的なのか??について説明していきます。

シトルリンはいつ飲めばいいのか

ペニスを大きくするためにシトルリンのサプリを飲んでいると「シトルリンはいつ飲んだら一番効果を発揮するのか?・・・」と気になる人がいると思います。」私もシトルリンのサプリを愛用していますが、いつも気になっていました。

結論は、どのタイミングでも良いから、毎日飲むことが大切です。「継続は力なり」なのです。先人はうまいことを言いました。この格言は何事にもあてはまりますが、まさかペニス増大にもあてはまるとは先の偉い人も思わなかったでしょう。

しかし、シトルリンサプリユーザーはなぜ、いつ飲めばいいのかわからくて困るのでしょうか?これは、パッケージなどにちゃんとした説明が無いからです。飲み方や用法・容量を明確に書いて良いのは厚生労働省が決めた「医薬品」だけに限られます。

シトルリンサプリは厚生労働省によって「健康食品」に分類されています。医薬品ではなく、食べ物なのです。だから、いつ・どのくらいの量を飲めばいいかがはっきりと書かれていないのです。

ただ、明確に決めていなくても問題ありません。シトルリンは血管を広げることによって、ペニスの血流を促進して、ペニスの中にある海綿体組織を活性化させてペニスを内側から大きくするものだからです。

これは毎日行わなければいけません。毎日行わないと大きくなりません。筋肉も毎日のように継続してトレーニングを行わなければ筋肉は肥大しません。体を変えるということはそう簡単にいかないのです。

しかし、飲むタイミングはいつでも良いのです。筋トレだって、朝やっても昼やっても夜やっても、筋肉のつきかた、つまり、身体の変わるスピードや変わり方などはどのタイミングでやっても大きな差はつきません。

それと同じように、いつシトルリンサプリを飲んでもペニスの変わり方や、シトルリンサプリの効果は変わりません。

もう少し詳しく説明すると、男性ホルモンや成長ホルモンもペニス増大には大いに関係します。

これらのホルモンは寝ているときだけにでるから、シトルリンサプリなども寝る前に飲んだ方がいいと思っている人も多いですがそれは間違いです。

これらのホルモンは24時間でています。常に体はこのようなホルモンの影響を受けて成長しているのです。

このように、シトルリンによって起こる血管拡張作用や、シトルリンサプリによって増える男性ホルモン・成長ホルモンは24時間起きており、ペニスにいつでも影響を与えています。

だから、シトルリンサプリはいつ飲んでも大丈夫なのです。タイミングではなく、毎日飲むことを心がけてペニス増大に向けて邁進しましょう!

イチョウ葉エキス・ビタミンとシトルリンとの関係

ペニスの大きさに悩みがある人なら、シトルリンがペニス増大に効果的だということを知っている人はたくさんいます。

ただ、そのような中で、いろいろ検索していると、「イチョウ葉エキス」や「ビタミン」がペニス増大に効果的だという情報もあります。

結論、「イチョウ葉エキス」や「ビタミン」はとてもペニス増大に役に立ちます。これらをシトルリンサプリと併用することによって、血管拡張作用が高まり、ペニスに流れる血流が増えます。つまり、イチョウ葉エキスやビタミンはとてもペニス増大に役立つ栄養と言えるでしょう。

ここのページではシトルリンサプリとイチョウ葉エキス・ビタミンの関係について説明していきます。

まず、シトルリンの働きから説明します。シトルリンを体の中に入れると肝臓の中で分解されます。そこで分解される過程で一酸化窒素と呼ばれる物質が作り出されます。これがペニス増大の原料となるものです。これが、ペニスの血管に働きかけて、ペニスの血管を広げます。そうすることによってペニスに流れる血液が増えるのです。

つまり、シトルリンは一酸化窒素を増やすことでペニスを大きくします。

イチョウ葉エキス

それではイチョウ葉エキスはペニスをどうやって大きくする働きがあるのでしょうか。
それは脳を活性化させることでホルモンと呼ばれる物質を増やすことによってペニスを大きくするのです。

イチョウ葉エキスは脳の脳下垂体と呼ばれる場所を刺激します。この脳下垂体は成長ホルモンや男性ホルモンを作っている場所です。これらのホルモンは、ペニスに直接働きかけてペニスを大きくする作用があります。

また、シトルリンとは違うアプローチの仕方でペニス増大に貢献するため、シトルリンの作用を弱めたりする恐れもありません。

逆に、ペニス増大という観点においては、シトルリンの効果を高めるといっても過言ではありません。シトルリンの効果の目的はペニスを大きくすることだからです。

このように、イチョウ葉エキスはシトルリンと同様にペニス増大効果がある素晴らしい物質です。シトルリンは血管にアプローチをすることでペニスを大きくしますが、イチョウ葉エキスはホルモンにアプローチをすることでペニスを増大します。

ペニスを大きくして、短小男子から抜け出すためには、シトルリンサプリもおすすめですが、イチョウ葉エキスサプリもおすすめです。経済的に余裕のある人はシトルリン、イチョウ葉エキスを組み合わせてダブルパンチでペニスを大きくしていきましょう!

ビタミン

これまではイチョウ葉エキスとシトルリンの関係について説明してきました。次に、ビタミンとシトルリンの関係について説明していきます。

シトルリンのサプリを使っていると、他の栄養をとることでシトルリンの効果が変わってしまうことを懸念される方が多くいます。例えばビタミンとシトルリンの関係を知りたいと思っている人がたくさんいるようです。

結論、イチョウ葉エキスと同様にビタミンとシトルリンの関係は良好です。シトルリンの働きを抑えたり、効果を軽減したりすることはありません。むしろ、シトルリンの効果を上げる場合もあります。もちろん、シトルリンサプリ単体でペニス増大効果はありますが・・・

まず、シトルリンは肝臓で分解される過程で一酸化窒素と呼ばれる物質を作ります。この一酸化窒素がペニス増大の肝になります。一酸化窒素は血管の内側にある細胞に働きかけることで血管を押し広げてペニスに血液が流れやすくなります。

ビタミンも同じです。ビタミンは体の中の働きすべてを活性化させる役割があります。例えばビタミンCは血管のもととなるコラーゲンを作ります。コラーゲンは血管の柔軟性や収縮性を高めるので、ビタミンCをしっかりとるようにすればペニスに血液は流れやすくなりますね。

また、ビタミンBは脂質や糖質などを分解されやすくして、体内のエネルギー産生をスムーズにします。

また、ペニスは血流が良くなるだけでもペニスは大きくなりますが、血流以外のアプローチ方でも増大させるのが大切です。それは「ホルモン」です。ホルモンはたくさんの種類があり、それぞれが全く異なった役割を持っています。つまり、色々な場所に働きかけて、色々な働きをするように命令できるのです。

これがシトルリンとビタミンCの血流促進、ビタミンBのエネルギー産生促進によって男性ホルモンや成長ホルモンを作る脳や精巣を活性化させます。その結果、これらのペニスに直接働きかけて大きくする働きがあるホルモンが増えてペニスが増大します。

このように、ビタミンはシトルリンの効果を妨げるどころか、どんどんペニス増大効果を高めてくれます。特にビタミンのなかでも述べてきたビタミンCやビタミンBは血流とホルモンという2つの観点からペニスを増大してくれます。

シトルリンサプリを使っている人も、使ってない人もペニスサイズに悩みを持つ人ならビタミンは必ずとるようにしましょう。

経済的に余裕のある人は先ほど説明したイチョウ葉エキスとビタミンをシトルリンサプリと組み合わせて、よりシトルリンサプリの効果を高めながらペニスを増大してきましょう!

 

ペニスを大きくするためのシトルリンの飲み方

シトルリンを飲んでペニス増大を図ろうとしている人の中で、「ペニスをおおきくするためにはシトルリンサプリを一生飲まなくてはいけないのか」と、疑問を持ってしまう人もいると思います。

ただ、シトルリンは血管を広げることでペニスの血流を増やすというペニス増大へのアプローチがある一方、血流が増えることで海綿体自体が大きくなる。つまり、ペニスの細胞を増やすという働きもあります。シトルリンサプリを飲むことで、ペニス自体を大きくするので、ペニスは元の大きさに戻りません!

自分の理想とする大きさにペニスがなったところで、シトルリンサプリを飲むことをやめれば良いのです。

それでは、結論は言ったのでもう少し詳しくその仕組みを説明していきたいと思います。

飲み続けないと、サイズがもとに戻ってしまうと心配する必要はありません。ペニスの細胞、つまり海綿体の細胞自体が増えて大きくなることは、筋肉がつくこととは大違いだからです。

筋肉細胞は常に刺激がないとすぐに小さくなってしまいます。これは、筋繊維とよばれる繊維状の物質でできているからです。繊維はコラーゲンでできており、すぐに衰えやすいのです。

逆にペニスの海綿体は繊維状でもないし、コラーゲンでできてもありません。耳にピアスの大きな穴をあけたらもとに戻らないように、広げたり大きくしたものは繊維状でないかぎり、元に戻りにくいのです。

ただ、だからといって不摂生をするのはよくありません。勃起はペニスに血液が流れて、血液が蓄えられることで起こります。睡眠不足や悪い食事、運動不足だと血管がボロくなったり、血液が汚くなったりして、血液が流れにくくなります。それではペニスが小さくなってしまいます。

いくら、シトルリンのサプリでペニスが大きくなったからといって血管と血液を悪い状態にしてしまえば効果が半減です。シトルリンのサプリでペニスが大きくなったら、確かに元には戻りません。ただ、「規則正しい生活を送る」という条件付きだということを忘れないようにしましょうね!

しかし、ここで気になることもでてきます。「シトルリンサプリで、大きくなったらもとに戻らないので、大きくなったらやめれば良いことはわかった。しかし、そのサプリはどのくらいの量を飲めばいいのか?」ということを疑問に思う人も多くいると思います。

確かに、より効果的にペニスを大きくするために、どのくらいの量のシトルリンサプリを
「一日何mgとれば良いのか?」ということはかなりに気になります。

結論、シトルリンは800mg以上、2000mg以下とれば大丈夫でしょう。

シトルリンは2006年までは医薬品として扱われていました。1930年代に発見されてから多くの研究がなされてきて、血管を広げる薬として重宝されてきました。

そして、サプリメントの加工技術が発達していくにつれて、ペニスを大きくする働きが注目されて、いまでは短小ペニス系男子にとても人気な商品になりました。

しかし、このような確かなペニス増大効果があるのに対し、人気商品にもかかわらずなぜ明確な摂取量が決まっていないのでしょうか。

これは、先にも述べたように厚生労働省が医薬品ではなく食品にシトルリンを分類したからなんです。医薬品であれば明確な摂取量を国が臨床実験によって決めます。ただ、シトルリンは食品のため、明確な基準がないのです。

しかし、2006年以前にはシトルリンも多くの臨床実験が行われてきました。アメリカのニューヨーク大学とオーストラリアのシドニー医療センターの共同研究が2000年に行われています。すると1日の摂取量の800mg以上からシトルリンのペニス増大作用である、血管拡張作用が見られることがわかっています。また、後の研究では2000mg以上摂取してもそれから血管の広がりがどの被験者にもみることができなったという結果になっていた文献がありました。

そのため、冒頭でも述べたように一日の摂取量としては800~2000mgを目安にとるのがペニス増大には良いと考えられます。

ちなみにシトルリンを800mgとると体への作用、つまりペニス増大を導く血管拡張作用が、5時間以上も続くことも先ほどのニューヨーク大学と医療センターの研究で分かっています。

このように、海外での優秀な大学と世界的な研究で有名な医療センターの研究からシトルリンは800mg~2000mgを目安に飲むことをおすすめします。

人の身体の大きさや、内臓の強さ、生活スタイルなどは人それぞれです。この数値の範囲内で飲んでみて、自分にあったシトルリン摂取量を見つけるようして、ペニスを成長させていきましょう。

そして、この摂取量を目安に飲みながら、ペニスを大きくしていって、自分の理想サイズになったところで摂取をやめましょう。

先にも述べた通りシトルリンサプリは一時的にペニスを大きくするものではなく、海綿体の細胞自体、つまり、ペニス自体を大きくするので、元には戻らないからです!

シトルリンサプリの副作用とハゲの関係


ペニスが小さいのが悩みという男性の中で、シトルリンのサプリを飲んでペニスを大きくしようと考えている人もいると思います。

しかし、シトルリンのサプリを飲むと「副作用が気になる」「体に害はないのか?」など気にしている人はとても多いです。シトルリンはもともと医薬品で、厚生労働省がサプリメントとしての作成許可をだしたのは本当に最近です。

そして、シトルリンサプリを飲むことでペニスを大きくするときに、「ペニスが増大することは男性ホルモンが増えること・・・?男性ホルモンが増えればハゲが進行してしまうのでは・・・?」

と、ハゲを心配する人もいると思います。はっきり言うと、シトルリンサプリを飲んでもハゲる副作用はありません。安心してください。

不安から、ペニス増大手術をうけるなどは絶対にしないようにしてください。生活習慣やペニス増大サプリを飲むことでペニスは大きくすることはできます!とても参考になる記事を書いてあるペニス増大LIFEさんでもペニス増大手術の危険性や効果の有無について解説されています。

(出典:ペニス増大LIFE ペニス増大手術は危険で効果が無い)

ここでは、シトルリンの全体的な副作用の有無と、ハゲる副作用があるのかについて説明していきます。

結論、用法と容量を守って、飲みすぎずに適量を飲んでいれば、副作用の心配はありません。そこまで気にしなくても安全だから、厚生労働省が医薬品から除外して普通の食品として扱ってよいと許可をしたのです。

シトルリンは、体の中に入れると肝臓の中に運ばれて分解されます。その過程で一酸化窒素が作られます。この一酸化窒素がペニスの血管を広げて、ペニスの血流を増やしてペニスを大きくします。

シトルリンを何十粒一度に飲んでしまったら、さすがに体調は悪くなります。肝臓に負担がかかりすて肝臓も傷めます。そのため、パッケージや箱の裏面に書いてある用量さえ守れば問題ないのです。

シトルリンと似た働きを持つ者として、「イチョウ葉エキス」などがあります。これも、血管を広げて血流を良くする働きがあります。このイチョウ葉エキスも飲みすぎると体調が悪くなってしまいます。シトルリンに限らず、このような植物由来も天然ものでもとりすぎたら体調が悪くなるのです。

また、シトルリンを飲みすぎても一酸化窒素がエンドレスに増え続けるわけではありません。体には恒常性という体の機能を一定に保つ働きがあります。これは別名ホメオスタシスと呼ばれますが、一酸化窒素が増えすぎたら、その産生をとめますから安心してください。

シトルリンはあくまで、アミノ酸であり食べ物です。ペニスを大きくするという効果は確かにありますが、身体に与える影響はちいさいのです。

例えば抗がん剤などを体の中に入れたら副作用はものすごいものがあります。体のだるさ、不調は「インフルエンザの状態でひどい船酔い」をしている感じとたとえる人もいるくらいです。

このような抗がん剤など体に強い影響を与えるものは国が厳重に取り扱い方を決めています。このように、シトルリンのサプリは確かにペニス増大効果があるものです。でも、副作用はとりすぎなければ大丈夫です!適量だけとるようにして、ペニスを大きくしていきましょう!

これまでは、シトルリンサプリが体の健康を害さないことについて説明してきました。次に、ハゲる副作用がでてこないかについて説明します。

シトルリンサプリを飲む→ペニスが大きくなると同時に男性ホルモンが増える、そして男性ホルモンが増えるとハゲてしまうのではと心配がでてきます。

この方程式は成立しません。

シトルリンサプリを飲むことで血行が良くなるからペニスは大きくなるのです。男性ホルモンは関係ありません。

結論、シトルリンを飲んでもペニスは大きくなってもハゲることはなりません。

確かに男性ホルモンが増えると、ハゲやすくなります。

ここでシトルリンの身体への作用を説明します。シトルリンはアミノ酸の一種で、肝臓で分解されます。そこでシトルリンが分解されて他の物質に変わる過程で、一酸化窒素と呼ばれる物質ができます。

この一酸化窒素という物質が血管の内側にある血管内皮細胞と呼ばれる細胞に作用します。すると、血管が広がります。血管が広がると流れる血液が増えます。

このような過程を経て、ペニスの血流が増えて、ペニスが大きくなりやすくります。

だから、シトルリンを飲むことで男性ホルモンが増えるなどは関係ありません。シトルリンを飲んで変わることは、身体の血管が広がって、全身の血行が良くなることです。

確かに全身の血行が良くなることで、男性ホルモンを作る精巣などの働きも活発になります。ただ、その代わりに、全身の働きが強くなるのですから女性ホルモンも増えます。

だから、男性ホルモンばかり増えて、ホルモンバランスが崩れてハゲることは考えにくいです。

このように、シトルリンは全身の血行を良くすることでペニスの血流も増やします。その結果、ペニスを大きくします。男性ホルモンが増えても女性ホルモンも増えるので、ハゲることは考えにくいです。

そのため、シトルリンを飲んでペニスを増大したいけど、ハゲるのが怖い・・・と考えている人も安心してシトルリンを飲んでください。!

シトルリンの効果を上げる方法と精液量の関係

ペニスを大きくするためにシトルリンサプリを飲んでいる人はたくさんいます。そのような人の中で、シトルリンを飲んだら精液量も増えるのではと考えている人もいるのではないでしょうか?

実際に、シトルリンを飲んでも精液量は増えません。ただ、精液量が増えなくてもシトルリンにはペニス増大効果があります。

そして、シトルリンのペニス増大効果を高めるためには多くのコツがあります。

ここでは、「シトルリンと精液の関係」「シトルリンのペニス増大効果を高めるコツ」について述べていきたいと思います。

■シトルリンと精液の関係

まず、精液は、精子と精漿と呼ばれるものにわけられます。精子は、子供の材料で卵子と結合するものです。保健の教科書などにのっているオタマジャクシみたいなところです。精漿は精子を守ったり、膣の中をスムーズに動いたりさせるための液体成分です。これら2つで精子を作られています。

これら精子や精漿が作られるのはシトルリンでは増えません。単純にシトルリンは精子や精漿などの材料にならないからです。

シトルリンは血行を良くしてペニスを大きくする物質です。勃起は血管に血液が流れ込むことで起こります。血管が広がるほどペニスの血流が増えます。

シトルリンが体内に入ると肝臓で分解されます。その分解される過程で一酸化窒素と呼ばれる物質ができます。これが血管の内側にある血管内皮細胞を活性化させて血管を広げます。

このように、シトルリンは血管に作用する物質です。精子や精漿を作る過程とは関係が少ないのです。

精子や精漿がつくられるのは精巣です。精巣で精子を作られる過程では多くのたんぱく質や、ミネラルである亜鉛が必要です。精漿を作るには、ワカメなどの海藻に含まれる水溶性食物繊維が必要です。

だから、お肉をいっぱい食べたり、海藻サラダをたくさん食べたりすれば精子は増えます。しかし、先にも述べたようにシトルリンは精子や精漿の材料になったり、精巣の働きを活発にするわけではありません。

また、精子や精液が増えてもペニスは大きくなりません。ペニス増大と精液が増えることは関係ないのです。

そのため、精液の量が増える増えないなど考えずに、シトルリンを飲んでペニスを大きくしていきましょう!

これまでは、精子・精液量とシトルリンの関係について述べてきました。シトルリンを飲んでも精子・精液量は増えないし、増えてもペニス増大とは関係ありません。

しかし、シトルリンを飲むときにシトルリンの効果を高めた方がより、効率的にペニスを増大することができます。次に、シトルリンのペニス増大効果を高める方法を説明していきます。

■.シトルリンの効果をより高めるためには

ペニス増大のためにシトルリンのサプリはとても効果的です。シトルリンがペニスの血管を広げて、ペニスの血流を増やしてくれるからです。

このシトルリンの効果をより高めるためには何かあるのか・・・と気になっている人もいると思います。

結論、あります!それは「バランスの良い栄養です!」ここでは、シトルリンの効果をより高めるための方法を説明していきます。

シトルリンは一酸化窒素と呼ばれる物質を作ることで、ペニスを大きくします。この一酸化窒素は血管を広げることでペニスの血流を増やして、ペニス増大に貢献します。

しかし、ペニスを大きくするために、シトルリンの効果をより高めるためには、ペニスを大きくするためには、他のアプローチ方法もあります。

それはまず、成長ホルモンを増やすことです。成長ホルモンはペニスの中にある血液のたまり場所の海綿体を大きくしてペニス増大に貢献します。

この成長ホルモン、実は子供時代に出るだけではないのです。60歳でもムキムキのアスリート体系の人がいるように、何歳たっても成長ホルモンを増やすことができます。

成長ホルモンと合わせて大切なのが男性ホルモンです。男性ホルモンはペニスに直接作用して勃起を強くします。勃起が強くなることで成長ホルモンが行きやすくなります。

この成長ホルモン・男性ホルモンの二大タッグだけでもペニス増大効果は高いですが、先ほど述べたようにこれらはシトルリンの効果も高めます。これらのホルモンは直接ペニスに働きかけることでペニスの感受性を高めます。すると、シトルリンによって生まれた一酸化窒素の働きかけに影響されやすくなるのです。結果、ペニスの血管が広がりやすくなり、ペニスが大きくなりやすくなります。

このように、成長ホルモン・男性ホルモンはペニス増大にとても重要な物質です。

成長ホルモン・男性ホルモンを増やすためには、先にも述べたような「バランスの良い食生活」です。ビタミン・ミネラル・たんぱく質・脂質・炭水化物をバランスよくとることでホルモンを作る脳や精巣が活性化されるからです。そのため、生野菜・果物・魚・肉などをバランスよく、毎日食べることが大切です。お菓子やラーメン、どんぶりものばかり食べてはペニスは大きくなりません。

成長ホルモン・男性ホルモンをドバドバだして、シトルリンの効果を高めて、ペニスをどんどん成長させていきましょう!!